書籍 歴史


三国志“英雄”たちの
最期の瞬間!

宝島社文庫
発行:2008年10月


後漢末期、皇帝の権威が失墜すると、中国は魏・呉・蜀の三国に分裂する群雄割拠の時代を迎えた。しかし、その建国までの道のりには多くの豪傑・英雄たちの屍が横たわっていたのである。諸葛亮、周瑜、関羽、呂布、孫策、董卓、夏侯淵、郭嘉......彼らは死の瞬間に何を夢見たのか?
諏訪原寛幸の描くイラストとともに英雄たちの死に様をクローズアップ。


amazonへリンク


PAGE TOP