書籍 歴史

宝島SUGOI文庫
天守再現! 江戸城のすべて


三浦正幸・監修
宝島社
2012年9月

 

 

 

明暦の大火で失われた天守を
CGで細部まで再現!

 

・史上最大規模の江戸城、その内郭と外郭

・安土城、名古屋城ほか名城紹介

 

江戸城の天守閣は、明暦の大火(振袖火事=1657年)で焼失して以来、再建されることがありませんでした。その天守閣は、まず徳川家康が建て、ついで秀忠、家光の各将軍がそれぞれに自分の威光を際立たせるために、それ以前の天守を壊して再建しました。これは安土城以来の戦国期の城の集大成でしたが、同時に戦国時代を終わらせる「平和の象徴」(=権力の象徴)でもありました!豊富なCG画像と資料でおくる、幻の江戸城天守と江戸城本体のすべて!世界に冠たる日本の城郭、その史上に燦然と輝く江戸城の謎をすべて解明します!監修は三浦正幸教授(広島大学大学院文化財研究室)です。

 

[目次より]


城郭建築の大改革 巨大天守の誕生   三浦正幸

第一章 天守編──天守の違いがわかるようになる 江戸城天守の構造
 江戸城誕生の歴史
 江戸城天守の検証!

●コラム 城造り職人たち

 ●江戸城天守ポイント解説
  [1] 天守の分類
      望楼型/層塔型
      天守の構成
  [2] 設計
      天守の模型
      寛永度江戸城天守指図
  [3] 柱の構造
      柱の位置
      姫路城天守の柱の構造

●コラム  資材の調達と運搬
続きを見る

 

 

 



amazonへリンク


PAGE TOP